So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

鉄展+で展示した写真です [写真]

3月1日から始まった「鉄展+」も6日月曜日に最終日を迎えました。場所は、前回と同じ神宮前にある「Space Jingです。多くの方に来て頂きありがとうございました。そこで、展示した写真をブログにアップすることにします。今回のテーマは良き時代の都電でした。

キャプション_鉄展+.jpg

1点目は、錦糸町駅前。路線の廃止が進んでいましたが、まだ、路線が交差し4輌の電車が賑やかな光景を見せています。

71-011_03.jpg

19系統の電車の中からチラッと見えた16系統の電車が見えます。19系統は、王子駅前から銀座にほど近い通り三丁目まで結んでいた路線です。現在の荒川線(当時の32と27系統)王子駅前に19系統用の折り返し線がありました。16系統は大塚駅前から錦糸町駅前までを繋いでいました。こちらも荒川線の大塚を起点にしていましたが、現在の荒川線(当時の32系統)とは線路は繋がってなく、大塚駅南口の駅前広場に入る手前が起点でした。この頃はこの二つの路線が、山手と下町を結ぶ路線とした残っていて、自宅から32系統で出発このいずれかの路線で、まだ多くの路線が残された下町へ出かけたものでした。

71-013_16.jpg

都電はほとんどの路面電車がワンマン運転になっても、車掌が車内を回って切符を売り、「チンチン」と発車の合図をし、案内もマイクを使わず肉声でしたので血が通った温かさが残っていました。

71-007_24.jpg

ピンボケですが、切符をきっているところです。

71-016_25ab.jpg

運転手は仁王立ちでコントローラを握っていました。特に、直接制御のコントローラは大きくハンドルを回すとガチャガチャと大きな音がし、ノッチをオフにするとパッカーン大きな音がして車体が左右に揺れ出す(ヨーイング)のが好きでした。

71-006_27.jpg

最後の3枚は写真展では会場の都合もあり、以下のように1枚の写真にレイアウトして展示しました。

3枚組_output.jpg

この「鉄展」はグループ展ということで出展したのは以上の3点(5点)となりました。どんなテーマでどんな写真を選ぶか、この鉄展に参加することは頭の体操になります。

鉄展3は以下をクリックしてください。
http://sellbremse.blog.so-net.ne.jp/2015-12-30
鉄展1については以下をクリックしてください。
http://sellbremse.blog.so-net.ne.jp/2014-07-03
その他の昔の都電関係の記事のリンクを追加しました。(2017年3月8日)
http://sellbremse.blog.so-net.ne.jp/2015-11-17
http://sellbremse.blog.so-net.ne.jp/2014-01-26
http://sellbremse.blog.so-net.ne.jp/2013-04-06
http://sellbremse.blog.so-net.ne.jp/2011-06-03
http://sellbremse.blog.so-net.ne.jp/2011-01-02-1
なお、ブログページの左側にある「マイカテゴリー」で『都電』をクリックすると全ての都電関連の記事を見ることができます。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

神の居るところ-4 [神のいるところ]

元旦に近くの神社に初詣に行ってきました。二つの神社がとなり合わせにあり、何度か紹介している「神の居るところ」の雑木林はこれらの神社の裏にあります。まずは、諏訪神社にお参りです。諏訪神社は育った街の鎮守様でもあったので、馴染みのある社です。

DSCF3628blog.jpg
DSCF3635blog.jpg
DSCF3640blog.jpg

着いてみると、案外多くの人が参詣にきていました。
次は、氷川神社に詣でます。この二つの神社の宮司は同じ人が兼ねています。

DSCF3631blog.jpg
DSCF3646blog.jpg
DSCF3647blog.jpg

それぞれ、諏訪神社には2社、氷川神社には5社の境内社もありますが、私が「神の居るところ」と呼んで居る雑木林には弁財天があります。
諏訪神社と氷川神社の由緒書きには、ともに古代人の住居跡に建立されたとあります。年代は不明ですが、かなり古くからあったとあります。その氷川神社の境内から、雑木林に入る階段があり、降りたところには弁財天が祀られています。

DSCF3650blog.jpg

以前の記事にリンクします
http://sellbremse.blog.so-net.ne.jp/2012-01-24
http://sellbremse.blog.so-net.ne.jp/2013-10-05
http://sellbremse.blog.so-net.ne.jp/2015-04-26

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017年 あけましておめでとうございます [雑記]

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
昨年大晦日に体調を崩してしまいましたので、辛い年明けになってしまいました。これから、気をつけて良い年にしていきたいと思います。

_SDI2429_年賀b油彩web.jpg

(注)なぜか、画像が縮小表示されずにトリミングされて表示されてしまいます。画像をクリックすると全体を見ることができます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

真岡鐵道で久しぶりに撮り鉄 [真岡鐵道]

土曜日には、もおかSL倶楽部の打ち合わせ会に行ってきました。終了後は、久しぶりに走る蒸気機関車撮影しました。上りの列車を車で追いかけ、3カ所で撮影することができました。

_SDI1227.jpg
勢いよく下り込んで来るところです。気持ちよく駆け抜けて行きました。

_SDI1228.jpg
場所が決まらずにウロウロしているうちにやって来てしまったので、中途半端な出来です。
3カ所目は、有名な八木岡で快心の作に・・・・と思っていましたが、なんとピンボケで残念な結果になってしまいました。再挑戦は出来るかな?

他の真岡鐵道関係は、「マイカテゴリー」のなかの『真岡鐵道』をクリックしてください。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

厳寒の白樺駅 [現役時代の蒸気機関車]

かなり久しぶりの更新となりました。残暑が続きますの暑気払いに雪景色をお届けします。一枚目は今年の年賀状に使ったカットです。(写真クリックすると拡大表示します)

74-004_07.jpg
場所は今は廃止になってしまった、深名線の白樺駅近くです。今回は、その日のエピソードを書くことにします。同行者は友人と北海道旅行中に知り合った一人の合計3名でした。
北海道でも豪雪地帯を走る深名線は、当時旅客は無煙化され一往復あった貨物列車は9600形によって営業されていました。これが、冬になると昼間の気動車による旅客列車を一往復運休し、貨物列車を混合列車にして対応していました。
深名線は、函館本線の深川駅から北上し宗谷本線の名寄駅に至る121.8kmのローカル線でした。 この日、1974年1月5日は深川駅を始発に乗車し、朱鞠内駅で一旦下車します。当時、深川から名寄まで直通する列車は無くそれぞれ朱鞠内で折り返しでした。

74-003_32.jpg
待合室には、雪の量がどれほど多いのか掲示されています。この後、これを実感することになります。昼食や飲み物を購入し、名寄行きに乗車し白樺駅へ向かいました。念のため車掌には白樺駅で下車する旨伝えておきます。そして、そろそろ白樺駅かなと思っていると深い雪の中に単行の気動車は停車しました。ドアが開きましたが、目の前には雪の壁があるだけでプラットーホームもありません。躊躇していると「ここが白樺駅だから降りろ」そして「雪の壁に飛びついて列車が行ってしまうまでつかまり、行ってしまったら線路に降りればよい」と。

74-004_20.jpg
74-004_32.jpg
順番は前後しますが、名寄行きの混合列車が白樺駅に止まっているところと、その列車が去って行くところです。これを見ればわかるようにキマロキかジョルダン車が入って間もないようで、車両と雪の壁にはかなり余裕があります。止まっている列車の向かって右側にはプラットーホームがあるため、ホーム上には目の前に雪の壁が残っていたようです。

74-004_02.jpg
この時の写真で一番気に入っている写真です。横位置であるのとあまりに汽車が小さいので年賀状には使いませんでした。駅では雪に囲まれていたのに列車を撮影した場所では列車が良く見えました。後から考えてみれば撮影した場所は凍りついた湖の上で、ここでは雪の深さもくるぶし程度しか無く、湖畔を走る線路は雪に埋もれくこともなかったのでした。この日は天気も良くあまり感じなかったのですが、気温は相当に低かったらしく、深川行きを撮影していた一時間あまりの間に朝買った飲み物が完全に凍りついていました。

74-004_14.jpg
一往復の混合列車を撮影し終えてから、保線小屋からスコップを借りて駅名標を掘り出し
記念写真を撮りました。この写真だけはクリックしても拡大表示されません。
なお、この日は正月明けのためか貨車は付いていませんでした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

越谷駅のレンガ [東武鉄道]

先日、仕事の帰り東武伊勢崎線から武蔵野線に乗り換えようとプラットホームから階段を下りると左手の壁にレンガが・・・・。しかも、目の前にあるはずの小諸そばがありません。いつも使う階段と違う階段を使ったのか? それにしても今まで気づかなかったなんて何と間抜けなことか。
しかし、冷静になってみると実際に電車を下りたのは越谷駅でした。新越谷駅と間違えてのことでした。

DSCF2971.jpg
奥左手の階段を下りてレンガを見つけました。

DSCF2965b.jpg
DSCF2966b.jpg
DSCF2973.jpg
解説があって、高架線に変更した時に撤去され橋脚の一部をここに残したとあります。間抜けなことをしてしまいましたが、おかげで良い発見がありました。
2016年6月16日撮影

※ タイトルの間違いに気づきました。場所は「新越谷駅」ではなく『越谷駅』です。申し訳ありません。修正いたします。 2016年6月20日


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

紫陽花の季節 [花・木・緑]

SDIM7677.jpg

SDIM7679_b.jpg

年頭のあいさつ以降、ブログの更新をせずにいました。これには、個人的に迷いや考えることもあり、なかなか手をつけずにいました。我が家の紫陽花が花をつけたのを気に半年ぶりに更新することにします。それにしても、毎年目にも鮮やかに咲いてくれます。この先、足踏みしていた多くのことが進行していけたらと思っています。

*13日に写真を追加しました。

*過去の紫陽花へのリンクです。
http://sellbremse.blog.so-net.ne.jp/2013-06-14
http://sellbremse.blog.so-net.ne.jp/2012-06-17


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新年おめでとうございます [雑記]

74-004_07_nenga_web.jpg

今年もよろしくお願いいたします。
写真は、1974年1月5日に深名線白樺駅付近で撮影しました。立っている場所は湖の中です。完全に凍結して、その上に雪が積もっていましたので撮影時は気づきませんでした。列車は冬季に昼間のディーゼルカーの列車を一往復運休して、代わりに貨物列車を混合列車にして運行していました。でも、貨車は無く客室と荷物の合造車が一両だけの列車でした。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鉄展3が終了しました [写真]

今年も残すことあと1日となりました。先日参加したグループ展に出展した写真をアップします。
昨年6月に参加した『鉄展』に引き続き2回目の参加となった『鉄展3』に出した写真です。前回は思い出の蒸気機関車でしたが、今回は現代に生きる蒸気機関車です。
写真をクリックし、拡大してご覧ください。

DSCF1268_A3.jpg

DSCF1402_A3.jpg

DSCF8706_A3.jpg

何人かの方に使用したカメラは何かと聞かれました。最初の2点は、FUJI XQ-1。炎の写真は、SIGMA DP-2sです。コンパクトカメラですが、RAWで撮影し現像もしっかりすれば A3ノビにしてもしっかり描写してくれます。
昨年の「鉄展」はここをクリックしてください。

来年も良い年でありますように!



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

久しぶりに荒川線の写真を撮りました [都電]

昨日は赤羽で蒸気機関車を語り合う忘年会がありました。その前に用事で高田馬場方面へ行きましたので、用事が片付いたあと荒川線の早稲田電停に向かいました。

DSCF1803.jpg
この電停、いや今は駅といった感じですが、あまり好きではありません。自動車や雨風から守る点では良いのでしょう。しかし、要塞のような姿はいただけない感じがします。

DSCF1805.jpg
ちょうど、7000形が居たので釣り掛けの音を楽しむべく乗車しました。でも、慌て乗らなくても7000形はかなり走っていました。途中の鬼子母神前から東池袋四丁目にかけて大きな道路の中央を走る形にする工事を行っていました。この辺りも殺風景になってしまうのでしょう。そんな場所が飛鳥山に向う途中他にもにもありました。

DSCF1810.jpg
本郷通りの併用軌道から飛鳥山電停に向う電車です。右手に見える明治通りが広くなった気がします。

DSCF1816.jpg
専用軌道から本郷通りに出る電車です。うっかりしていたのですが、もうかなり薄暗くなっていてこの手の写真を撮るには向いていない状況になっていました。でも、待ち合わせ時間まで間がありましたので写真が荒れるのを覚悟で感度をASA800にして撮影を続行しました。それにしても、軌道があることをわかりやすくするためと思われる、白い塗装が汚らしく感じます。

DSCF1825.jpg
王子駅前から飛鳥山に向う急勾配を上る電車です。釣り掛けの7000形はかなり苦しそうに走っていました。

S0061848.jpg
王子駅前の電停から併用軌道にでる電車です。専用軌道でなく、なるべく道路上を走るシーンを狙いましたが、かなり無理矢理といった感じです。

S0081863.jpg
今度は歩道橋の上からから併用軌道に出る電車を狙いました。絞りも開放です。一眼に明るいレンズが欲しいところでした。画面では結構綺麗に見えますが、かなり荒れています。コンパクトカメラのFUJI XQ1を使用しました。
それにしても、荒川線は何度乗っても都電の気分がしません。ミニチュア版の郊外電車の気分です。一系統ぐらい都電らしさを味わえる路線が残っていて欲しかったです。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。